WordPressで投稿日時を表示させる方法と注意点

wordpress-logo

こんにちは。

今回は、WordPressで投稿日時を表示させる方法について説明したいと思います。

 

 

投稿日時を表示させる方法

 

WordPressで投稿日時を表示させる方法は簡単です。WordPressの関数の中にthe_date()the_time() などのように投稿日時を表示させるものがあるのでそれを利用します。

<?php the_date(“Y年n月j日”); ?>とテンプレートの中に書くと、 2015年6月8日と表示されます。

 

他にも曜日、時刻なども表示できるので詳しく説明したいと思います。

 

『年』を表示する

Y
4桁の数字で表示します。

例:1999 または 2015
y
2桁の数字で表示します。

例:99 または 15

 

 

『月』を表示する

m

先頭に0を付けて数字で表示します。

例:01 から 12

 

n

先頭に0を付けないで数字で表示します。

例:1 から 12

 

F

フルスペルの文字で表示します。

例:January から December

 

M

3文字形式で表示します。

例:Jan から Dec

 

 

『曜日』を表示する

l(小文字の”L”)

フルスペルの文字で表示します。

例:Sunday から Saturday

 

D

3文字形式で表示します。

例:Mon から Sun

 

 

『日』を表示する

d

先頭に0を付けて数字で表示します。

例:01 から 31

 

j

先頭に0を付けないで数字で表示します。

例:1 から 31

 

S

英語形式で序数を表す2文字

例:1st や 2nd , 3rd 15th など

 

 

『時刻』を表示する

a

午前または午後を小文字で表示します。

例:am または pm

 

A

午前または午後を大文字で表示します。

例:AM または PM

 

g

時を先頭に0を付けない12時間単位で表示します。

例:1 から 12

 

h

時を先頭に0を付けて12時間単位で表示します。

例:01 から 12

 

G

時を先頭に0を付けない24時間単位で表示します。

例:0 から 23

 

H

時を先頭に0を付けて24時間単位で表示します。

例:00 から 23

 

i

分を先頭に0を付けて表示します。

例:00 から 59

 

s

秒を先頭に0を付けて表示します。

例:00 から 59

 

T

タイムゾーンを略称で表示します。

例:EST , MDT など

 

使用例

表示例を数例ご紹介します。投稿日を2015年6月8日17時30分25秒 とします。

2015年6月8日

<?php the_date("Y年n月j日"); ?>

 

2015/06/08

<?php the_date("Y/m/d"); ?>

 

2015.06.08 17:30

<?php the_date("Y.m.d h:i"); ?>

 

2015/06/08 17:30:25 PM

<?php the_date("Y/m/d h:i:s A"); ?>

 

投稿時間を表示させる時の注意点

』を表示させようとするときに『i』ではなく『m』を使うと『』が表示されてしまうので注意しましょう。

minuteの頭文字が『m』なので案外間違えてる時があるんですよね・・・私だけかもしれませんが。

 

 

まとめ

WordPressで時刻を表示させる方法をご紹介しました。簡単に表示させることが出来るということが分かっていただけると幸いです。

 

expand_less