WordPressでGoogleの日本語フォント『Noto Sans Japanese』を使う方法

こんにちは。

今回は、GoogleのWebフォントである『Noto Sans Japanese』をWordPressで使う方法をご紹介します。

「まず、Noto Sans Japaneseってどんなフォントなの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

ですので、最初に軽くNoto Sans Japaneseについて説明したいと思います。

 

Noto Sans Japanese とは

Noto Sans JapaneseはGoogle Noto Sansシリーズの日本語フォントで、GoogleとAdobeの共同開発によって作られました。

google_logo_change『GoogleとAbodeが共同開発している』ということだけですごいフォントだということが伝わってきますね。実際、すごいフォントなんです。

ちなみに、Adobeの源ノ角ゴジックと名前が違うだけで中身は同じです。

 

では、次にWordPressにNoto Sans Japaneseを導入してみましょう。

 

 

Noto Sans JapaneseをWordPressで使う方法

Style.css に追記する


@import url(http://fonts.googleapis.com/earlyaccess/notosansjapanese.css);

↑をStyle.css に追記してください。

これでWordPressにNoto Sans Japanese が読み込まれるようになりました。

しかし、このままでは使えません。font-familyを編集する必要があります。

 

font-familyを編集する

font-family: 'Noto Sans Japanese', serif;

これでNoto Sans Japaneseが使えるようになりました!

参考までに私のfont-familyを記載しておきます。


font-family: "Noto Sans Japanese","游ゴシック",YuGothic,"ヒラギノ角ゴ Pro W3","Hiragino Kaku Gothic Pro",Verdana,"メイリオ",Meiryo,Osaka,"MS Pゴシック","MS PGothic",sans-serif;

 

 

まとめ

Noto Sans Japanese はとても読みやすく美しいフォントで私も愛用しています。

WordPressでNoto Sans Japanese を使う方法もこの記事を読んでもらえば分かるとおり簡単なので皆さんもNoto Sans Japanese を使ってみてはいかがでしょうか?

expand_less